ハズブロ(HAS/一般消費財)の銘柄分析(20年11月)

銘柄分析

けーたつ(@ketatsuthe)です。

前回に引き続き、一般消費財セクターの米国銘柄を分析してみます。

現在保有セクターに一般消費財、不動産は保有なし。

今回は、一般消費財セクターの「ハズブロ(HAS)」です。

 上記3サイトより情報を取得しています。2020年11月

ハズブロ(HAS)のプロフィール

1923年設立。

子供と家族向けの娯楽用品メーカー。男児用アクションフィギュア、ミニカー、遊具セット、女児用玩具、電子玩具、ボードゲーム、パズル、トレーディングカードなどを米国とカナダで開発、製造、販売。欧州、アジア太平洋、中南米、南米でも玩具やゲーム製品を製造、販売する。主要ブランドは「トランスフォーマーズ」、「マイ・リトル・ポニー」など。

Yahoo financeより引用

調べてみるとモノポリーの会社でした。また、「アナ雪2」、「スター・ウォーズ」や「マーベル」の関連商品も扱っています。ロイヤリティはかなり高いようですが。

そして、「トランスフォーマー」!

幼い頃観ていたトランスフォーマーはビーストウォーズです。

こんな機会で出会えるなんて嬉しい。コンボイ!!

業績

売上高、営業利益率

売上高、営業利益率が上昇し続けているか。

営業CF関係

営業CFから純利益を差し引いた額がプラスか。

営業CFマージンが15%以上か(業態による)。大きく上下していないか。

株価・配当

株価チャート

年間配当、EPS、配当性向の10年推移

EPSは上昇し続けているか。

配当金を狙っているので、配当性向が高すぎないか。

配当利回り、累積増配率、連続増配年数

配当利回りが3%以上。

連続増配年数が長いか。(リーマンショックなど経済危機でどうだったか)

まとめ

一般消費財セクターの「ハズブロ(HAS)」を各データの10年推移を用いて分析しました。

2017年夏のトイザらス破産を受けて2018年は売上高、利益率ともに低下しました。

2019年は急回復して、2020年に2017年の売上高、利益率まで戻す狙いでしたが、コロナ禍が起きてしまいました。

ネット通販の売上は伸びていますが、小売店の減少による売上減少も出ています。

直近2020年7~9月期の業績は↓

玩具大手の米ハズブロが26日発表した2020年7~9月決算は純利益が前年同期比4%増の2億2000万ドル(約230億円)だった。消費者の在宅時間の増加でゲームや玩具、アクションフィギュアなどの販売が伸びた。

米ハズブロの7~9月、純利益4%増 玩具販売が好調

日本経済新聞(2020/10/27)

 ただし前四半期(4-6月)は最終赤字です。

多角化を狙った買収策がうまく成功するか。

米玩具大手ハズブロは22日、英国で人気のある幼児向けアニメ「ペッパ・ピッグ」などを制作するカナダのコンテンツ制作会社エンターテインメント・ワンを総額40億ドル(約4250億円)で買収すると発表した。

米ハズブロ、カナダ番組制作会社買収 4250億円 収益源多角化

日本経済新聞(2019/8/23)

ペッパ・ピッグは娘が好きでYoutubeでよく観てますね。

コンテンツだけみると私はかなり心くすぐられる銘柄ですが、はたして今年の業績で増配できるのか。

  コンボイ頑張って!

何か間違えがあればこっそり教えていただけると幸いです。

お付き合いいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました