レゲット・アンド・プラット(LEG/一般消費財)の銘柄分析(20年11月)

銘柄分析

けーたつ(@ketatsuthe)です。

前回に引き続き、一般消費財セクターの米国銘柄を分析してみます。

現在保有セクターに一般消費財、不動産は保有なし。

今回は、一般消費財セクターの「レゲット・アンド・プラット(LEG)」です。

 上記3サイトより情報を取得しています。2020年11月

レゲット・アンド・プラット(LEG)のプロフィール

レゲット・アンド・プラット(LEG)は1883年に設立され、家庭、オフィス、車両における製品を考案、設計、生産しています。メインは家具製品部品ですが、産業用ワイヤーも高いシェアを持っています。

業績

売上高、営業利益率

売上高、営業利益率が上昇し続けているか。

営業CF関係

営業CFから純利益を差し引いた額がプラスか。

営業CFマージンが15%以上か(業態による)。大きく上下していないか。

株価・配当

LEGの株価チャート

年間配当、EPS、配当性向の10年推移

EPSは上昇し続けているか。

配当金を狙っているので、配当性向が高すぎないか。

配当利回り、累積増配率、連続増配年数

配当利回りが3%以上。

連続増配年数が長いか。(リーマンショックなど経済危機でどうだったか)

まとめ

一般消費財セクターの「レゲット・アンド・プラット(LEG)」を各データの10年推移を用いて分析しました。

49年連続増配はすばらしいです。メインが家具ですが、思っていたより営業利益率、営業CFマージンが高いですね。

バラつきが大きいのが気になる点ですが、連続増配は継続しそうなのでもう少し見ておきたい銘柄です。

何か間違えがあればこっそり教えていただけると幸いです。

お付き合いいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました